コンテンツ
「留学 日本人」
に関連するツイート
Twitter

当たり前の話だがCDの英語はどの国のアクセントでも聞きやすく作られているから実用的ではない。日本人に慣れていない英語話者と直に話せば聞く力はつく。海外への留学、旅行、就職、オンラインetc.。学校教育では基礎をしっかり勉強するだけで良い。複雑にしすぎても役に立たないことが多い。

アメリカに留学に行っていた。と言っても数週間の短期であと2日で帰国するところ。学校内でダンスの大会があるというので見に行くと、A○Bみたいな十数人単位のチームで踊っていて衣装も日本人好みのロリっとした感じで、「アメリカまできて見るもんじゃないな」とそそくさと帰る夢 #kyanopi_19_dj

返信先:@01123532110 日本人には戦争責任や加害者意識の教育が足らないとアメリカに留学して相当感じたけどね。韓国も反日教育が過ぎるのかもしれないけど、やはり元はと言えば日本人が悪いよ。

TwitterA Tweeting🐤Girl⛵️@ATweetingGirl

返信 リツイート 49分前

野口:海外留学中に向こうの人と話をしていて、僕が日本人だと分かった瞬間、カメハメ波をうたれた事がある。

Twitterラヴヘブンコピペ改変bot@LhCopybot

返信 リツイート 4:37

返信先:@xMBiiXpFUl他1人 国費留学うらやましい限りです。いまだに私は奨学金を返済中です。日本人には冷たいです。

返信先:@miyurindarukoro 米国留学中の話です。日本女子留学生が授業中にペンを落とした。ペンが韓国男性留学生の前に転がった。彼はそのペンを視て、次にこの日本留学生を視て、無視し続けた。彼の横にいた米国人学生がペンを拾い、彼女に返した。私が海外で初めて目撃した韓国人により日本人への嫌がらせでした。

日本人のファッションの反応★ ワー、ありがとう。 日本に交換留学に行けるよう全力で頑張ってるんだけど、 この動画のおかげでモチベーションが上がったわ。 フィリピン

Twitter外国人の反応bot@Gaikokuzinno

返信 リツイート 4:07

返信先:@momom0tokyo 皆さんいろいろあると思いますが、僕は英語が母国語の国に留学なし、国内だけでの英語勉強だけで英語を喋る日本人って意味で定義してます!^ - ^

Twitter🇩🇪ベルリン在住の純ジャパ🇯🇵 / コウジのペラペラ英会話🍻@kojinonnative

返信 リツイート 3:57

RT @fumie_cat: 私の友人の駐日ニカラグア大使のロドリゴ・コロネルさんが27年前、米国ボストンのエマニュエルカレッジに語学留学した際、ロドリゴさんと同じクラスだった日本人女性折り鶴教えてくれた女性を探しています(⌒▽⌒) 連絡お待ちしています☺️ 記事↓ ht…

Twitter超七条(通常時)@ichijyou2daze

返信 リツイート 3:50

フィリピンには 【日本人の3倍多い韓国人留学生がいる。】 知ってましたか?

Twitterしげ🇵🇭月1フィリピン訪問@philinkjp

返信 リツイート 3:46

エリア選びと口コミサイト

留学先で歓迎される日本人大学生

留学先で歓迎される日本人大学生 国内に長く生活していると、日本人である事の素晴らしさが体感し難いです。
しかし、留学によって一歩でも国外に出ますと、日本人である事の誇りとステータスが感じられます。
アジアの一部地域を除き、世界各国の人々は非常に親日的であり、留学生に対しての態度は良好です。
他のアジア地域の方々よりも、明らかに日本人を優遇するムードが欧米圏、東南アジア諸国には存在しており、 エコで真面目、それでいて平和を愛する先進国というイメージが広がっているため、日本の大学生はホームステイ先でも歓迎されます。
また世界がネット等で繋がったとはいえ、まだまだ欧米諸国からすれば日本は未知の国です。
日本の漫画、日本の伝統文化、日本の芸能などに興味津々な方々は依然として多く、留学先の街では色々と質問を受けるはずです。
アジア諸国の中でも日本人は独自の文化を形成しており、日本の留学生と友達になる事で、その神秘を解き明かそうとします。
海外の土地で一人暮らしをしても、自然と友好的な関係が向こうから築いてくれますので、寂しい思いはせずに済みます。

増加傾向にある留学経験のある学生の人数

卒業要件にTOEICを導入する大学も増え、就職活動の採用試験においても、大手企業を中心にTOEICスコアを基準に設ける企業が目立つようになりました。
そのような背景から、大学在学中に留学を考える学生は年々増加傾向にあり、決して珍しいことではなくなってきています。
文部科学省が行う調査では、2013年度統計において55,350人の学生が留学していることがわかります。
しかし、この人数は勉学を目的に前居住国・出身国から移り住んだ学生の人数であり、受け入れ国の国籍を持たない学生は含まれないので、短期留学など国籍を取得しない場合は含まれません。
よって、実際の人数はさらに多いものとなっており、独立行政法人日本学生支援機構が実施している調査では、2014年度の短期を含む海外留学人数は81,219人で、前年から約10,000人の増加となっています。
ちなみに選ばれる国としては、アメリカ・カナダ・オーストラリアの順に多い結果となっています。

注目サイト

塾を小山エリアで調べる

2018/8/7 更新