コンテンツ
「留学 日本人」
に関連するツイート
Twitter

香港に留学中の日本人高校生からいただいたDM - 黒色中国BLOG bci.hatenablog.com/entry/hkdm

これ、カナダの留学センターの人に聞いてなかったらわからなかったけど、喋れない子上のクラスにもいるだろうな。日本人の子で。文法出来ればだいたいテストで点数取れるもん。リーディングがボロボロだった(笑)語彙と文法か……あんなんでよくクラス上がったな。リスニング出来てなかったらアウトだよ

返信先:@asahi #朝日新聞 のこの媚韓反日売国社説(23日付)を書いたのはアカヒ社説担当 #箱田哲也 #中野晃 でほぼ間違い無いでしょう この2人は共に韓国留学組であり悪名高き媚韓極左活動家でもあります 日本人の利益を敵国韓国に売り渡さんとする売国奴アカヒを絶対に許してはなりません! asahi.com/articles/DA3S1…

わたしがぽやぽや日本人留学生なので、先生がやさしかった。ほんとうはたくさん質問とかコメントしたかったけど、フランス語ではちっとも出てこなくて、みんなわたしよりフランス語できるのに、ひとつも授業で発言しないなんて。その時だけでもわたしにそのフランス語を貸してくれればいいのに。

外資スレに卒業時期とかのこと書いたら、インターンしたり、アメリカで働いては?とか言うバカな意見があって、わろた。まず、アメリカではそう易々と働けないから、日本人留学生はみんな結局日本帰ってるんじゃん。

香港に留学中の日本人高校生からいただいたDM - 黒色中国BLOG bci.hatenablog.com/entry/hkdm

RT @joyland59: また中国人。最近中国人の犯罪が眼に余る。 外国人優遇措置(留学、就労)で入国させるからこんな事になる。 政府は考えを改めた方が良いのでは?日本人が傷つけられるばかりです。 戦後奴等が何をしたのか忘れたの? 女性を線路に…殺人未遂容疑で中国人逮…

日本人同士なのに英語で会話する人たち。#留学 #留学 #留学生あるある

Twitter早く留学生あるある言いたい@aruaruiitaib0t

返信 リツイート 4:07

留学にせよ旅行にせよ東洋人ってだけで差別はあるしいちいち気にしてらんないっス。日本人は人に丁寧に扱われたがるのと平和ボケしすぎっス。南無。

Twitter君の黄色いマフラーになって吐息を感じたい@RNyelmuff_toiki

返信 リツイート 4:02

RT @InNadeshikoWay: 留学一年目の最初の帰国時にドトールでオレンジジュースはここで絞ってるんですか?と店員さんの後ろの機械を見て言ったら、連れの日本人がめっちゃ驚いて、「そんなこと普通聞かないよ!」と言われた。いや、つい心の声が漏れたんです。

TwitterRJANKA (友池 早美)@yarjanka

返信 リツイート 3:52

エリア選びと口コミサイト

留学先で歓迎される日本人大学生

留学先で歓迎される日本人大学生 国内に長く生活していると、日本人である事の素晴らしさが体感し難いです。
しかし、留学によって一歩でも国外に出ますと、日本人である事の誇りとステータスが感じられます。
アジアの一部地域を除き、世界各国の人々は非常に親日的であり、留学生に対しての態度は良好です。
他のアジア地域の方々よりも、明らかに日本人を優遇するムードが欧米圏、東南アジア諸国には存在しており、 エコで真面目、それでいて平和を愛する先進国というイメージが広がっているため、日本の大学生はホームステイ先でも歓迎されます。
また世界がネット等で繋がったとはいえ、まだまだ欧米諸国からすれば日本は未知の国です。
日本の漫画、日本の伝統文化、日本の芸能などに興味津々な方々は依然として多く、留学先の街では色々と質問を受けるはずです。
アジア諸国の中でも日本人は独自の文化を形成しており、日本の留学生と友達になる事で、その神秘を解き明かそうとします。
海外の土地で一人暮らしをしても、自然と友好的な関係が向こうから築いてくれますので、寂しい思いはせずに済みます。

増加傾向にある留学経験のある学生の人数

卒業要件にTOEICを導入する大学も増え、就職活動の採用試験においても、大手企業を中心にTOEICスコアを基準に設ける企業が目立つようになりました。
そのような背景から、大学在学中に留学を考える学生は年々増加傾向にあり、決して珍しいことではなくなってきています。
文部科学省が行う調査では、2013年度統計において55,350人の学生が留学していることがわかります。
しかし、この人数は勉学を目的に前居住国・出身国から移り住んだ学生の人数であり、受け入れ国の国籍を持たない学生は含まれないので、短期留学など国籍を取得しない場合は含まれません。
よって、実際の人数はさらに多いものとなっており、独立行政法人日本学生支援機構が実施している調査では、2014年度の短期を含む海外留学人数は81,219人で、前年から約10,000人の増加となっています。
ちなみに選ばれる国としては、アメリカ・カナダ・オーストラリアの順に多い結果となっています。

注目サイト

塾を小山エリアで調べる

2018/8/7 更新